ペンキ塗りのコツを簡単に解説しています。

 塗る道具 / 

 ペンキを塗るには3種類の道具があります。
道具の種類   長所   短所   使用場所
刷毛 小回りが利くので、塗りやすい  刷毛運びに熟練を要します。仕上がりに技術の差が出ます 細くて形状が複雑な場所
ローラー刷毛 広い面積を塗るのに適しています  広い面積を塗る場合、塗り接ぎのムラに注意が必要。塗料の飛散にも注意。 平面や凹凸のある広い場所
スプレー機械 広い面積を早く塗ることが出来ます  塗料の周辺への飛散に特に注意が必要。機械の後始末も十分に。 障害物の少ない広い場所

 塗る雑学

 塗料に刷毛は必需品ですが、刷毛にもたくさんの種類があります。水性用・油性用など、塗料の種類で刷毛の選定が変わってきます。
毛の根本が硬いものは、水性塗料に適しています。毛の柔らかいものは、油性に適していますが、凹凸の壁などは、硬い豚毛の刷毛を使います。

 ローラー刷毛は、幅や毛の長さで仕様が変わってきます。毛の長さは塗料の含みに左右され、作業時間にも影響します。凹凸のある場所では長毛を使うと奥まで塗料が届くので重宝します。

 吹き付けは、熟練で仕上がりが変わります。飛散するので、外での作業には周囲への配慮が必要となります。使用後は、十分に掃除をしておかないと、次回使用時に、トラブルの元となります。

見張り番に戻る