「まきさんからのリクエスト」

「レンガの落書きを取ってみよう!!」

誰が書いたか知らないけれど・・・・迷惑センバン、落書きちゃん!
元の姿に戻るまで・・ジッと我慢で、ゴシゴシと・・・
終われば晴れ晴れ、いい天気。

コーナー製作にご協力下さった同業者の社長さんの紹介
茨城県常陸太田市のペンキ屋さん、西野社長さん 神奈川県横浜市のペンキ屋さん、曽根社長さん
ありがとうございましたっ!!

作業のポイント

1.「落書き」された場所を調べます

トップではレンガとなっていますが、他に考えられる場所をUPしてみました・・・。場所により、対処法を替えなくててはなりません。

対象となるもの 特徴 落書きの状態
レンガ 水分をとても吸収する 塗料を吸い込んでしまい、なかなか取れそうにない
化粧ブロック
シャッター 表面は堅く、触ると落書きに若干の凹凸が確認される・・
(磨りガラスの場合は、大変です・・)
凹凸がある為、拭き取りにくい・・
ガラス ツルツルしているので、取れそうだ・・
(磨りガラスの場合は、大変ですょ・・)
砂骨壁
(リシンやスキン)
砂の凹凸がある為、落書きの除去は困難のようだ・・ 凹部へも色が乗っている為、拭き取りは困難のようだ・・
タイル壁 表面はツルツルしているが、目地や染み込みが心配 目地部分の拭き取りは、やや困難のようだ・・。
自動車など ツルツルしているが、塗装による仕上げが施されている。 取れるようだが、下の塗装も剥げるか心配・・。
    ※総括すると、堅い表面は、対処しやすいが、表面が吸い込んだり、凹凸があったりすると、拭き取りに工夫が必要です。

戻る

2.落書きに使用された塗料の種類を調べます。

落書きの程度(全面べったりか?部分的なのか?)を調査して、拭き取りか、塗り替えなのかを検討する。

使った道具 種類 溶かす溶剤
消しゴム 石鹸水 コンパウンド 塗料用シンナー ラッカーシンナー 剥離剤 ペーパー
スプレー ラッカー(溶剤系) × × ×
ペンキ(油性系) ×
手書き ラッカー(溶剤系) × × ×
ペンキ(油性系) ×
水性マジック ×
油性マジック ×
その他 投げつけられている
※注意・・・あくまで、下地に影響を与えない程度での「落書き落し」が目的なので、◎はなるだけ使用したくない方法です。

戻る

3.塗装に必要な物 をチェックします。

4.ブラシ・ボロ布・筆などを使って、落書きの部分を拭き取って行きます。

5.作業終了予定の時間を決めます。

作業時間を決定させるものは、「落書きの程度」と、「落書きの取れ方」により予測できると思います。
有効な取り方を見つけ出してから、作業を検討されますようにお願い申し上げます。くれぐれも、下地に影響が出ない程度での汚れ落しでありますように・・・・

6.作業は無事に終了したでしょうか?


作業上の注意

・拭き取り作業は落書きされてからの時間が早ければ早いだけ、元の状態に戻る可能性があります。
・薬品(シンナーや剥離剤)の使用は、成分の弱いものから使うようにしましょう。
・こまめに、ボロ布で落書きの塗料を吸い取るように工夫しましょう。
・試験的に拭き取る時は、目立たない場所を選びましょう・・。
・「おかしい」と思ったらスグに止めましょう。

戻る


いろんな所を掃除しよう!!へ  INDEXへ