ローラーブラシによる塗り方

ローラー塗りは、最近では広い面積を塗る時には、必ずと言ってよいほど利用されている工法です。
ローラーブラシの毛や塗料の種類により、表面の凹凸の具合が変わる為、適材適所の使用が必要です。

ローラー塗りの定義・・・フェルト・羊毛・化学繊維などのローラーブラシに塗料を含ませて、被塗物の表面を              転がして塗る方法です。

ローラー塗りの長所・・・塗料を十分に含ませる事により、広い面積を比較的早く塗り広げる事が出来る。

ローラー塗りの短所・・・塗膜にローラー目が残る為、光沢仕上げの場合には適さない場合があります。

ローラー塗装の種類

ローラー塗りに適した塗料

その他

塗装の話へ  INDEXへ